「悶々堂」さんのオススメ作品

リゾートビーチで!巨乳人妻となし崩し ~際どい水着がよりどりみどり~の作者「悶々堂」さんのオススメ作品5選

今回は悶々堂さんのオススメ作品を紹介します!!!

この作品を読んで気に入ったとしたら他の作品も気に入る可能性が高いですよ♪

悶々堂さんのオススメ作品①「レディースメイドのご奉仕美学」

 

是非無料お試しから読んでみてください♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

公式サイトに移動したら、「レディースメイド」で検索してみてください♪

切っ掛けは一人の女の子がチンピラに絡まれてるのを助けた事だった。
彼女の名前は伊集院沙也加…仰々しい名前の通り、日本でも有数のお嬢様らしい。
そんな彼女を助けた僕は、何かお礼がしたいと言われてつい調子にのり、「恋人として付き合ってくれ」と申し出る…が、当然のようにあっさり断られてしまう。
しかしその時、脇に居たお世話係さんを指して「彼女が代わりに相手をする」と言い出した!
お世話係の乾琴子さんはビックリするぐらい美人で、年上…オマケにとんでも巨乳。
そんな彼女が躊躇なく僕に跨り、股間に手を伸ばし…止める間もなくモノを咥えてしまった!
どんどんエスカレートする琴子さん…その範疇は、ついに職務を超える!?

悶々堂さんのオススメ作品②無愛想な姉は弟をおかずにしちゃうド変態だった!?

是非無料お試しから読んでみてください♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽公式サイトに移動したら、「無愛想な姉」で検索してみてください♪

俺…河野悟(こうのさとる)は悩んでいた。というのも、俺が幼馴染である里原朱里(さとはらあかり)と付き合い始めてから、姉さん…河野静香(しずか)の様子がおかしいからだ。無愛想なのは昔からだが、必要な事しか喋らない無口にまでなってしまった。元に戻ってほしい俺は姉さんの考えを探るため部屋に侵入したが、そこで知ったのは姉さんが抱える俺への愛情…姉弟の関係を越える欲望だった!さらに、無愛想な面からは想像出来ない姉さんの性癖を知った俺は、あろう事か姉さんをオカズにしてしまう。それを知った姉さんは自分とも関係を持つように迫ってきて…!?愛しい彼女か、俺を求め続ける姉さんか、最後に俺が取った選択は…
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。

悶々堂さんのオススメ作品③若義母・朝美の過剰な触れ合い ~ママに甘えて童貞喪失~

是非無料お試しから読んでみてください♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽公式サイトに移動したら、「過剰な触れ合い」で検索してみてください♪

「私の事ママって呼んでちょーだいっ」…そんなの絶対無理…!!
俺の名前は優希、もうすぐ成人を迎える引きこもりだ…。だけど生活が一変した。三カ月前…親父が再婚したからだ。実の母親を幼いころ亡くし、母親の愛情を知らない俺のための再婚であったが、俺は戸惑った…なぜなら義母の朝美さんは、若くて巨乳の美人!いきなり母親だと思えと言われたところで…無理な話!そんなある日…親父のアメリカへの長期出張が決まり一つ屋根の下、朝美さんと二人きりになってしまった…「優希くんに母親として認めてもらいたいの」そう言う朝美さんの俺への強烈なスキンシップはエスカレートし、ついに俺たちは一線を越え…そして最後…朝美さんは…。

悶々堂さんのオススメ作品④おいでよ!JKアイランド ~あなたの子種、くださいな~

是非無料お試しから読んでみてください♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽公式サイトに移動したら、「JKアイランド」で検索してみてください♪

「も、もうだめだ、おしまいだぁ…」可愛い女の子との初S●Xを夢見てバカンスへと旅立った島崎海人…だが、彼の乗った船は沈没してしまい、謎の島へと漂着した。彼は島を歩いたが人っ子一人見当たらず、絶望の淵に立っていた…が、しかしそんな時、二人の女子校生と出会う。最初、夢だと思った海人は彼女達に「S●Xしてくれ!」と頼み、その内の一人、『星野明莉』にパ●ズリして貰った!なんとか落ち着いた海人は、この島の事について尋ねる…すると何と彼女はこう告げる。「この島には私と同年代の女の子しか住んでいません」その言葉を証明するかのように現れるJK達…かくして、海人とJK達とのエロエロな生活がその幕を開けた!!

悶々堂さんのオススメ作品⑤ビーチサイドで踊り食い! ~ヤリサー生ハメ夏合宿~

是非無料お試しから読んでみてください♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽公式サイトに移動したら、「ビーチサイドで踊り食い」で検索してみてください♪

「海で合宿」という餌で女の子を釣り、規則と言って卑猥な水着を着用させる…そして隙を見せた瞬間に遠慮なく最後までヤってしまう!
それがY大テニスサークルの伝統…そう、俺達は所謂「ヤリサー」である。
ヤリサーの存在が世間に知られて数年、女の子の警戒も厳しくなる今日この頃…けど、夏の海ではどんな女の子でも開放的な気分になるもんだ。
そんな油断した女の子を前に、これまで普通に接して来た俺達男子部員が一斉にその牙を剥く!
しかも、行為は一度では終わらない…むしろ「一度ヤってしまえばこちらの物」とばかり、朝夕問わずに女子達の肢体を狙ってやるぜ♪
「さあ、今日はどの子とS●Xしようか…お愉しみの始まりだ!!」